長崎市は、長崎県の県庁所在地であり、古い時代からヨーロッパなどの海外文化の受け入れ口として、発展してきた都市です。
人口は約44万人弱で、ナースや医師の数も多く、全国と比べても上位に入ります。
病院もたくさんあるのですが、しかしそれらは県内で一番人口の多い市内に集中しております。
それ以外でも人口の多い市であれば病院もありますが、人口の少ない地域となると、十分とはいえない状況にあるようです。
しかし長崎市は医療レベルの水準が高いと評判の地域でして、専門的な知識と持つ方、もしくは持ちたいという意識のある方が、多く医療現場で仕事をされているようです。


長崎市でナースとして働くこと

長崎市は、国内で原爆投下を受けた第2の都市であり、市内にある平和公園の「平和記念像」や、「日本赤十字社長崎原爆病院」をはじめとした、原爆に関連した多くの医療機関があることからも、その事実を強く感じることが出来ます。
そういう土地で医療に携わって働く人たちにとっては、その強さはより色濃く感じられることでしょう。
長崎市の持つ高い水準の医療レベルは、そういった背景からも何かしらの影響を受けてのことなのかもしれません。
もちろん、そういったことに直接関係した現場で働くわけでなかったとしても、高い意識と専門知識をもつ医療関係者、そういった環境の中で働くことは、きっとナースとして貴重な経験になるでしょう。
その経験はきっと、これまで以上にあなたに医療という仕事の奥深さと魅力を教えてくれるはずです。

鹿児島市は、鹿児島県の県庁所在地であり、「西郷隆盛像」などで有名な市です。
人口はおおよそ60万人ですが、ナースの数は全国平均と比べてもとても多く、病院数も同様に、全国的に多い市であります。
ですが、それら病院や診療所は鹿児島市に集中している傾向にあるようで、実際、市内には大きな病院も複数ありますが、それ以外の人口の少ない地域となりますと、必ずしも多くの病院や診療所があるという状況ではないようです。
ただ、鹿児島市以外でも比較的人口の多い市であれば、病院の数も多いようです。
ナースの平均給与額は、全国平均よりやや少ない金額ですが、ナースの数が際立って高いことから、比較的落ち着いて仕事にあたれる環境にあるのかもしれません。

鹿児島市でナースとして働くこと

ナースの数や、病院の数が多いということは、働く人たちにとっても、また医療を受ける立場の人たちにとっても、歓迎すべき状況ではあります。
ですが鹿児島県では高齢化が全国的にみても進んでいる状況にあるようです。
人口の多い地域にのみ病院が集中しているという現状が、進行し続ける高齢化というもう1つの現状を前にして、はたして望ましい状態であるかどうかと考えると、なかなか厳しい部分があります。
鹿児島市でナースとして働くということは、そういった2つの現状を目の当たりにし、自分がその状況下で何が出来るのか、そういったことも考える機会にもなるでしょう。
そして、そういう問題に関心のある方には、おおきく力を発揮する機会となるかもしれません。

熊本市は、熊本県の県庁所在地であり、政令指定都市です。
人口は約74万人弱で、熊本城などもあり、歴史情緒豊か都市です。
熊本県内の多くの病院がこの熊本市内にあり、それ以外の人口の少ない地域では、やや病院数が不足している傾向にあるようです。
多くの地方都市が抱える、人口過疎地域の医療環境の未整備が、この市でも見受けられるといった状況です。
しかしナースや医師の数は、全国の平均数と比べても少なくはなく、病院も熊本市内のみならず、それ以外の地域にも多くあり、医療現場で働くことを希望する人にとっても、まずまずの環境であるといえるのですが、ただし、ナースの平均給与額は、全国平均の中でもやや低い部類に入るようです。

熊本市でナースとして働くこと

熊本市で働くことというのは、医療設備の整った市内の環境とそうではない地域との落差を学ぶ機会であるかもしれません。
県内のすべての地域に、熊本市のような医療環境があるわけではないので、そういった地域では、どのような医療が求められているのかを知る良い機会ともなるでしょう。
人口の多い都市にのみ、患者さんがいるわけではありません。
それいがの地域にもいるのです。
そういった場所に適切な医療を届けるためには何をすればいいのか、ナースとしてあなたは働きながらきっと考えることでしょう。
もちろん、目の前にいる患者さんの集中することも大切ですが、そうしてまだ見ぬ患者さんのことをイメージすることも、ナースとして必要なことなのかもしれません。

福岡市は、福岡県の県庁所在地であり、福岡県の西に位置する政令指定都市です。
人口は約150万人弱の、九州地方でも有数の大都市となります。
人口の多くがこの福岡市と、北九州市に生活しております。
病院の数も充実していて、求人募集の数も多いようです。
ナースや医師の数も全国の平均と比べてもかなり多く、医療現場としては発達した地域であるといえます。
また市内だけではなく、他の地域にも病院が多いことから、福岡市のみではなく県全体が医療に対して高い意識を持っていることがうかがえます。
ただし、ナースの平均給与金額が、全国平均の金額と比べるとやや低いためか、離職率は少し高い傾向にあるようです。
だからといってそれが、福岡市の医療環境の水準の低下を招くような、そういった事態を引き起こしているようなことはないようです。


福岡市でナースとして働くこととは

福岡市のような大きな都市でナースとして働くこととは、やはり医療設備の充実した環境と、訪れる多くの患者さんと接する機会に恵まれるということでしょう。
そして医療への意識の高い地域で働くことは、ナースとして貴重な経験を得られます。
福岡市は都市としても非常に魅力的な地域でもありますので、仕事上のストレスなどで、気持ちが少し疲れた時などには、中洲の屋台街など、きっと気分転換が出来る場所が数多く見つけることも出来るでしょう。
また求人募集の数が多いことも、ナースの方々にとってはうれしい環境です。
必ずしも自分を1つの職場に縛りつける必要はなく、多くの選択肢の中から、自分に合った職場を選ぶことが出来るのですから。

九州にあるどの県にもこれはいえることなのですが、人口の多い県庁所在地など医療機関が集中している傾向にあります。
そのため求人募集もまた、そういった都市部にある病院からのものが多いようです。
しかし、求人自体の数は決して少なくはなく、また県によっては人口当たりのナースの平均数が、全国の数値よりもきわめて高いところもあり、医療環境そのものは悪くないといえる状況です。
また長崎市のように、医療レベルの水準の高さが評判の地域などもあります。
ナースの平均給与額こそ、全国と比べた時にやや低めの傾向はありますが、あくまで平均化された数値ではありますので、それが一概に九州での給与状況と即一致するとは言い切れない部分もあります。


九州でナースとして働くために

まず自分がナースという仕事において何を優先させたいのか、仕事探しの前にそういった部分をクリアにしておくべきでしょう。
職場の人間関係を重視するのか、それとも職場環境を重視するのか、それとも高い意識でもって働くことの出来そうな職場を選ぶのか、自分の中の選択肢を自分で「意識的に狭めて」おきます。
そうすることで、数ある求人募集の中から自分に最適のものを見つける速度は格段に上がります。
また、九州の求人募集はどうしても人口の多い都市に集中しております。
なので、仕事内容は自分の希望するものと一致しても、勤務場所が希望とは違うので、迷ってしまう、ということもあるでしょう。
けれども、そんな時でも自分の「選択肢を意識的に狭められて」いる状態なら、すばやくそれを判断することが出来ます。
そうすることであなたの仕事探しも、よりスムーズに進むのではないでしょうか。