九州で働くナース

MENU

九州で働くナース

長崎市は、長崎県の県庁所在地であり、古い時代からヨーロッパなどの海外文化の受け入れ口として、発展してきた都市です。
人口は約44万人弱で、ナースや医師の数も多く、全国と比べても上位に入ります。

 

病院もたくさんあるのですが、しかしそれらは県内で一番人口の多い市内に集中しております。
それ以外でも人口の多い市であれば病院もありますが、人口の少ない地域となると、十分とはいえない状況にあるようです。

 

しかし長崎市は医療レベルの水準が高いと評判の地域でして、専門的な知識と持つ方、もしくは持ちたいという意識のある方が、多く医療現場で仕事をされているようです。

 

 

長崎市でナースとして働くこと

 

長崎市は、国内で原爆投下を受けた第2の都市であり、市内にある平和公園の「平和記念像」や、「日本赤十字社長崎原爆病院」をはじめとした、原爆に関連した多くの医療機関があることからも、その事実を強く感じることが出来ます。

 

そういう土地で医療に携わって働く人たちにとっては、その強さはより色濃く感じられることでしょう。
長崎市の持つ高い水準の医療レベルは、そういった背景からも何かしらの影響を受けてのことなのかもしれません。

 

もちろん、そういったことに直接関係した現場で働くわけでなかったとしても、高い意識と専門知識をもつ医療関係者、そういった環境の中で働くことは、きっとナースとして貴重な経験になるでしょう。
その経験はきっと、これまで以上にあなたに医療という仕事の奥深さと魅力を教えてくれるはずです。